オススメのなた豆茶はこちら!

なた豆茶の効果・効能まとめサイト

大注目の健康茶、なた豆茶とは!?驚きの効果を大紹介

皆さんはなた豆茶というものを知っていますか?

なたまめ茶は現在、大注目の健康茶で、特に老若男女を問わず気になる悩みの上位に挙げられる、口臭に対し優れた効果を発揮するお茶です。
口臭は自分で気付けば良いのですが、口臭は体臭と違って自分で気づけないことが多いですよね。
他人を不快にさせることで気付く場合がほとんどであると言っても過言ではありません。
また、口臭を注意してくれる人もごく身近にいる家族くらいではないでしょうか?
そんな身近な家族にさえ「口臭いよ!」と言われるショックは計り知れないのも事実。
なた豆茶には口内細菌バランスを正常に整える作用があります。
口臭の原因はこの細菌バランスが崩れたために起こることが多々あります。
なた豆茶を習慣的に飲用し続けると善玉菌が増え相対的に悪玉菌が減少するのです。
実際に多くの歯科医がなた豆のもつ効果に注目しています。

今回はなた豆茶とはどんなお茶なのか、効果・効能や副作用の有無、選び方やら飲み方について詳しく解説していきます。

なた豆茶の効果

・蓄膿症の緩和

なた豆は別名「排膿の妙薬」として有名です。なた豆に含まれるカナバニンという成分には、炎症を抑え、蓄膿症の苦しい症状を緩和させるという効果があるのです。

・腎臓機能の向上

なた豆には腎臓機能の働きに必須なウレアーゼという酵素が豊富に含まれています。なた豆茶を習慣的に飲むことによって、腎臓機能が向上するのです。

・花粉症

なた豆にはコンカナバリンAという成分が含まれています。これは素晴らしい働きをする成分。何とコンカナバリンAは体の免疫力を向上させる作用があるのです。つまり私たちの体に備わっている元々の免疫力を正常に働かせる作用があります。

また前述したように「排膿の妙薬」として知られるなた豆。花粉症で苦しむ方も多い鼻水・鼻詰まりを緩和させる働きもあります。

・ダイエット効果

もしかしたら「サポニン」という言葉を聞いたことがある方もいるかもしれませんね。このサポニンは体内のコレステロールを排除する、血栓の元になる物質の生成を抑える効果があります。つまりダイエットの味方となる酵素です。なた豆にはこのサポニンが豊富に含まれています。

・口臭・歯周病の改善

なた豆茶には口内細菌バランスを正常に整える作用があります。口臭の原因はこの細菌バランスが崩れたために起こることが多々あります。なた豆茶を習慣的に飲用し続けると善玉菌が増え相対的に悪玉菌が減少するのです。実際に多くの歯科医がなた豆のもつ効果に注目しております。

・便秘改善

なた豆には腸内バランスを整える作用もあります。習慣的になた豆茶を飲むことによって、便秘しらずの健康的な体質になります。

・痔

なた豆は昔から痔に効果があると言われています。特に膿を伴う痔瘻には効果抜群。習慣的に飲用することで痔の症状が消えることもあります。また煎じ汁を患部に塗るのも効果的です。

・関節痛

関節痛が起こる主な原因は2つ。1つ目は加齢や体重増加に伴う骨同士のぶつかり。2つ目は関節を保護している軟骨などの炎症などによって起こる痛みです。前述したようになた豆茶には炎症を抑える、ダイエット効果があるので結果的に関節痛がなくなるのです。

・アトピー

アトピーの原因は様々な要因が考えらます。共通して言えることは、かゆみの苦しみで生活リズムがくるってしまうこと。そして結果的に体の免疫力が落ちてアトピーの症状が悪化することがあるということです。なた豆茶には前述したように体の免疫力を高める効果があります。そのためアトピーの悪化を防ぐ手助けをしてくれるのです。

・にきび・吹き出物

ニキビ・吹き出物ができる主な原因は、ホルモンバランスの乱れです。なた豆茶には前述したように腎臓への効果が高いです。体内の毒素を排出する効果を持つなた豆茶を飲み続けることでニキビしらずの肌へとつながります。また吹き出物の赤い炎症も抑えます。

なた豆茶おすすめ商品

なた豆茶5gx32包

口・喉・鼻をスッキリ!

●口臭・歯周病の改善
●便秘改善
●ダイエット・肥満予防にお役立て下さい       詳細・購入はこちら

なた豆茶
なた豆には誰にでも嬉しい効果がたくさんありますね。実はなた豆にはまだまだ解明できていない神秘的な力があるそうです。私たちが知らないだけで他にもあっと驚くような効果があるかもしれませんね。1つ言えることは飲み続けることによって健康な体を作る手助けをしてくれることです。お茶は我々の生活に欠かせないものなどで、ぜひ気軽に取り入れたいですね。
なた豆茶とは?
なた豆茶とはなた豆から作られたお茶。主に使われる豆は赤なた豆と白なた豆。赤なた豆と白なた豆の違いは正直あまりありません。赤なた豆の方がポリフェノールが多く含まれていると言われています。しかしポリフェノールは熱をくわえると減少します。そして赤なた豆も白なた豆も焙煎されているので、赤なた豆の方が多くポリフェノールを含んでいるとは言い切れません。したがって豆の種類にはそれほどこだわる必要はないでしょう。

各メーカーが様々ななた豆茶を販売しています。なた豆100%使用のもあれば、飲みやすくブレンドされたものまで様々。なた豆の効能を思う存分摂取したいという方はなた豆100%のお茶、効能もとりたいけどまずは飲みやすさを重視するという方はブレンド品を選ぶのをおすすめします。

なた豆茶の効果的な飲み方
なた豆茶に決まった飲み方は特にありません。食事中でも、仕事中でも自分の好きなペースで飲んでください。おすすめの飲み方は毎食後に飲むことです。前述したようになた豆にはダイエット効果があります。これは脂肪の吸収を遅らせる働きがあるからです。そのため食後、特に脂肪分の高い食事をとった後に飲むことによって、なた豆茶は効果を思う存分発揮します。口の中の脂っぽさもさっぱり洗い流してくれますよ。

他にもなた豆の入浴剤を入れたお風呂で半身浴しながら、なた豆茶を飲むのもおすすめです。たくさん汗をかくのでデトックス効果が期待できます。

なた豆茶の効果はすぐに期待できるものではありません。最低でも1か月は続ける必要があります。しかし飲み続けると必ず効果があらわれてきます。1日に飲む量はだいたい500mlから1L。たくさん飲めば飲んだ分だけ効果が期待できるというわけではありません。大事なのは少しずつでもいいので毎日飲むことです。
なた豆茶に副作用はあるの?
なた豆には若干ではありますが毒性が含まれています。しかし食料としてのなた豆はしっかりと加熱・焙煎が行われているので心配はありません。

なた豆茶を普通に飲む分には副作用の心配はありません。しかし度が過ぎる量を飲み続けると下痢などを起こす可能性もあります。何事も適量が大事ということですね。

またなた豆茶には基本的にカフェインは含まれていません。そのため妊婦、授乳中の方、小さなお子様も安心して飲むことができます。しかし例外的にカフェインが含まれているものもあります。そのため気になる方は一度原料表示に目を通すことをおすすめします。

なた豆はこんな製品にもなっている!?
なた豆はお茶だけではなく意外な製品にもなっています。今回はその意外な商品をいくつか紹介いたします。

1つ目はなた豆の歯磨き粉。上述したようになた豆には口臭・歯周病改善の効果があります。その効果に特化したものがなた豆の歯磨き粉。歯磨き粉にはなた豆の有効成分が使用されていて、直接歯・歯茎につけることによって効果は抜群。なた豆茶と共に使用することで効果は倍増。

2つ目の製品はなた豆のサプリメント。なた豆の有効成分がぎゅっとつまったサプリメント。手軽に飲めるので毎日続けられること間違いなし!

3つ目はなた豆の入浴剤。なた豆の成分を含んだ入浴剤には代謝を高め、大量の汗を流すことでしょう。リラックスした一時と共に体内の毒素を流すことが期待できます。

最後に紹介するのはなた豆が使われているかなり意外な食材。それは福神漬けです。カレーライスが大好きな日本人。カレーライスを食べる際には福神漬けが欠かせないといった方も多いのでは?福神漬けには7種類の野菜が使われています。レンコン・ナス・カブ・シソ・ウリ・ダイコン、そしてなた豆です。意外ですよね?これからカレーライスを食べる時には進んで福神漬けを食べてしまいそうな事実です。
まとめ
ナタ豆はマメ科の植物です。とても大きな植物で丈5メートル以上・豆も3センチ程度の大きさまでなります。刀のなたにサヤの形が似ていることからナタ豆と呼ばれています。1年草でありながら大変大きくなるナタ豆だけにその効果効能はばつぐんです。あまり一般的な豆とは言えませんが、福神漬の中の野菜の一つとして入っているのでほとんどの人が口にしたことはあるはずです。また口臭予防によいとされているので、ナタ豆の入った歯磨き粉を使用している方もいるでしょう。 ナタ豆茶とはナタ豆を使ったお茶ですが、こちらにも口臭予防効果はあります。ナタ豆に含まれているカナバニンという成分が効果を発揮するのです。 ただ口臭予防で有名になったのは最近のことです。カナニバンには膿を出してくれる効果・炎症を抑えてくれる効果があるため蓄膿症の薬として昔からナタ豆茶は使われていたのです。排膿効果が蓄膿症の鼻の横に溜まった膿だけでなく、歯周病・歯槽膿漏などで歯茎に溜まった膿も出してくれることが分かり、それらの病気が原因で発生する口臭を防ぐのに有効なお茶として広まっていったのです。カナバニンは他のお茶にはほとんど含まれておらずナタ豆茶独特のもの。そのため蓄膿症だけでなくお口のニオイが気になるという方はナタ豆茶を利用しましょう。 商品によっては飲みにくいものもありますが、飲みやすいタイプのものなら麦茶を更に香ばしくしたような味で、麦茶のような苦味や渋みはないので口の中がすっきりして毎日続けやすいです。 ナタ豆に含まれるのは排膿や口臭予防のカナニバンだけではありません。腎機能の働きを高めることでむくみや関節痛改善効果のある酵素ウレアーゼも含まれています。抗アレルギー成分・コンカナバリンAが花粉症やアレルギー症状の改善に役立ちます。 ミネラル分も豊富で、亜鉛やカリウム・マグネシウムの働きで免疫力向上・代謝促進・老廃物排出も促されます。血の巡りもよくなるので冷え性の改善にもよいのです。 ダイエット中の方もナタ豆茶を飲むといいのです。脂肪の吸収を遅らせてくれるサポニンが豊富です。食物繊維もたっぷり含まれており腸内環境改善・便秘改善効果からダイエットが効率的に行なえるのです。ダイエットをしているとどうしても食事の内容を制限することになります。最近では1食から数日間までさまざまなプチ断食・ファイティングダイエットと言うのもはやっています。断食中は固形物を取ることはできませんが水分は摂っても問題ありません。ただお水を飲むのではなくナタ豆茶を飲むことで、鉄分やポリフェノール・ビタミンなどダイエットをしているとどうしても不足しがちな栄養素も補給することができるのです。 ナタ豆茶の効果的な飲み方ですが、とにかく毎日大量にがぶがぶ飲むのがよいとは言えません。副作用はありません。きちんと灰汁抜きしたものを使用するのであれば特に問題がないのです。ただ灰汁抜きが不十分だと吐き気や下痢の症状が出ることがあります。良いものを選べば飲みやすいですが、さまざまな効果効能を得るには毎日、多くても2杯にとどめ、それをずっと継続することの方が大切です。 ティーバッグ状態で売られているものを利用すれば手軽ですが、自宅で手に入るのであれば手作りしましょう。食用の白なたまめを使います。水洗いして30分ほど浸水させた後、皮をむいで天日干しで乾燥させ、フードプロセッサーやミキサーで細かく砕きます。それをフライパンで煎りつけるとできあがりです。豆類だからとそのままナタ豆の種子を食用にするのはやめましょう。有害な毒があり、嘔吐や下痢や腹痛を引き起こす危険性もあるのです。福神漬の場合は若いサヤを使っているため大丈夫なのですが素人が半端な知識で食事に使うのは辞めて置きましょう。 作ったなた豆茶はティーバッグに入れて小分けしておくと便利です。抽出したあとのものはお風呂に入れてなたまめ風呂にしたり、にきびなどの肌トラブルのある箇所にパッティングして炎症を防いで症状の回復を促進させるのもおすすめです。一度抽出すると冷蔵庫で2日か3日くらいで使い切ったほうがよいです。どうしても使い切れなかったものは無理して飲むことはありません。歯磨き後のうがいに水代わりに使用すればよいのです。口臭予防で使用する場合もうがいのときと同様、口の中にしばらく含み、かむようにしながら飲むほうが効果的です。 ナタ豆茶の成分はホットにしても冷たくても変わりません。季節に応じて飲みやすい温度で利用しましょう。ノンカフェインなので寝る前に飲むこともできます。ただ便秘改善効果があるので、お腹の調子の悪いときに飲むと更に悪化してしまう可能性も強いです。お腹の調子によって飲む量や抽出の濃さを調節して飲みましょう。 香ばしくておいしく、更に効果効能もたっぷりと魅力のある健康茶なので、普段の飲み物にぜひ取り入れるようにしましょう。

更新日:

Copyright© なた豆茶の効果・効能まとめサイト , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.